相続税の計算のための勉強

最近は計算ソフトもかなり身近になり、手頃なソフトで簡単にいろいろな試算ができますから、相続税も簡単に対応できるようになりました。
ただ、これを実際に試算するためには、ある程度の勉強も必要です。
計算ソフト等を使って対応してみたいときなどに、最低限勉強しておきたいことをいくつかご紹介しましょう。

まずは相続税の計算の流れです。
ざっと流れをご紹介すると、まずは遺産を集計し、その総額を計算します。
これが計算できたら、次に基礎控除を引いて課税金額を出します。
ここまで終わったら、その課税金額を相続人の法定相続分にしたがって分割した状態で、規定の相続税率をかけて税金を計算するのです。
法定相続分どおりに相続をするわけではないなら、各人ごとに計算したその相続税額を一度合計し、実際に相続する割合にあわせて按分します。

計算ソフトなどを使うと、個別の計算は正確にできますが、何をどういう順で計算するのかは、勉強したこの流れにそって、ユーザーの側で調整しないといけません。
ですからこの計算の流れについては、最低限勉強しておきたいことです。

この計算の中で使う個別の条件も、勉強しておきたいことの1つですね。
たとえば遺産の総額から差し引く基礎控除ですが、これはもう相続税の規定として決まっています。
その金額は3000万円+法定相続人の人数×600万円という計算式で決まります。
これなど相続税を一度計算したことがある方なら知っているかもしれませんが、初めて計算するときなど知らない方も多いでしょう。
これは自分で勉強しない限りはわからない情報となりがちですから、計算前に勉強しておきたいこととなります。

なお、先にご紹介した基礎控除は、以前の情報とは違っています。
税金の規定はたびたび改定されているのです。
以前の基礎控除は5000万円+法定相続人の人数×1000万円という計算式でしたが、これが改定されて、先にご紹介したものとなったのです。
このようなこともありますから、相続税の計算前には、最新の情報を勉強するようにしてください。