マンションの相続税の計算

故人が賃貸マンションを持っていたときなど、これにも相続税がかかるかもしれませんから、その価値を適切に計算しないといけません。
このときの計算の方法の基本として、マンション本体の価値と、その土地の価値は別々に計算します。
片方だけの計算だけをして集計すると、それは間違いとなりますから、必ず土地と建物、両方の価値をそれぞれ計算し、集計に入れてください。

このときの計算方法ですが、まず土地の計算法からご紹介しましょう。
これは路線価という道についている価格で計算するか、もしくは固定資産税評価額に一定の倍率をかけて計算するか、どちらかになります。
路線価があるときは路線価で、これがないときは倍率方式を使ってください。

次に、これで計算した土地の値段から、所定の割合をかけます。
その割合の計算式は、1−借地権割合×借家権割合×賃貸割合です。
借地権割合と借家権割合とは、その土地を人に貸しているときに引ける割合です。
借地権割合は路線価とともに決まっています。
借家権割合は一律で30%です。
賃貸割合とは、その賃貸マンションの入居率のことだと思ってください。
満室なら100%、空室なら0%となります。

これで計算した土地の値段から、さらに評価額を下げる計算があります。
人に貸している土地は専用の特例があり、200平方メートルまでは評価額を50%減とできるのです。

次に建物の計算ですが、元になる評価額は、固定資産税評価額の値段をそのまま使えばOK。
これは市町村からの通知に値段が書いてありますから、それを参照してください。
そしてこれも先の土地の計算と同じく、その評価額を下げる計算式があります。
建物の値段にやはり所定の割合をかけるのですが、その割合の計算式は、1−借家権割合×賃貸割合となります。

このように故人が賃貸マンションを持っており、それを含めて相続税の計算をするときは、このマンションについて土地と建物を別に計算するのです。
その計算式も人に貸しているということでその評価額を下げられるように、いろいろな計算式がありますから、よく確認して計算してください。