エクセルでの相続税の計算

計算にはエクセルが最近よく使われますよね。
これでも相続税の計算はできます。
まず遺産の総額を計算するため、故人が残した資産をリストアップしてください。
これにもエクセルが非常に便利です。

各セルに遺産の名前を入力し、その隣のセルに評価額を入力すると、とてもわかりやすいですよ。
遺産は複数あることがほとんどですから、先に入力したものの下に次の遺産を入力していくと、一覧でチェックできる遺産リストができあがります。
そしてエクセルの便利なところは、入力した数値を計算できるところですよね。
各遺産の評価額を最終的に合計してください。
これは一定の範囲のセルの合計値を出す関数を使うのが基本です。
これで故人の遺産が合計いくらなのか、計算できます。

これが終わったら、その遺産に基礎控除を適用します。
基礎控除はまず3000万円あり、そのほかに法定相続人1人につき600万円です。
簡単な計算ですが、相続税は扱う対象が多い上、計算も複雑ですから、基礎控除の計算もエクセルへの入力と計算でやると、万が一のミスも起こりにくくなります。

これで遺産の金額が0になれば相続税はかかりませんが、もし0にならなかった場合は、たとえその金額が少額でも、相続税はかかります。
その金額を計算する前に、残った課税対象の遺産の金額を、法定相続人が各人の法定相続分を相続したものとして、分割金額を計算してください。
これもエクセルでの計算が便利です。

法定相続分は、税金を定める公的機関から指定が公表されています。
インターネットで見られますから、各人の取得割合を確認しておくといいでしょう。
そして法定相続人ごとに、法定相続分の割合と、先の課税対象の遺産の金額をかけることで、具体的な法定相続分が計算できます。
あとはそれぞれの法定相続人ごとに、相続税の計算をします。
税率はその金額ごとに区分が決まっていますから、やはり指定を確認してください。
最終的に出たそれぞれの税額をすべて合計すると、その相続でかかる相続税が計算できます。