相続税計算は国税庁の管轄

国税庁

・相続税はどこに納税するの?
相続税の納税に関しては、どこにするのが最適なのでしょうか。
これに関しては、計算をしっかり行って税務署に行うことが必要となります。
相続税計算に関しては、ミスや失敗がないかどうか税務署が調査しています。
それぞれの地域ごとに税務署が設置されていて、その管轄となるエリアがあるのです。

続きを読む →

相続税計算エクセル ナビ

相続税

・相続財産にはどんなものがあるのか理解しておこう
これから遺産相続をする人の中には不安を感じている人も多いと思いますが、これはシンプルに遺産相続に関する知識が不足していることが大きな原因になっているケースがほとんどです。
遺産相続はたくさんの人が経験するものの、人生でそう何度も経験することではありませんので、知識が乏しく、その結果法定相続人同士でトラブルに発展することもめずらしくありません。
また、特にやっかいなのが相続税に関するトラブルで、これは法定相続人自身の問題になってくるのですが、相続財産の評価がきちんとできていないと正しい金額が出せなくなります。
遺産相続の対象となる財産にはいろいろなものがありますが、現金や預貯金、自動車、株式など比較的評価がしやすいものもあれば建物や土地などの不動産、企業の営業権など評価方法が少しややこしいものもあります。
ややこしいものが絡んでくるとなかなか自分たちだけで評価していくのは難しいので専門家に依頼することも増えてきますが、その際にエクセルを使って相続の対象になる財産を仕分けできるフリーのソフトを導入しておくと便利です。
フリーのソフトはインターネット上からダウンロードできますので、まずお試しに使ってみることもできます。

・計算するときの注意点
相続税の計算をするときに注意したいのが、相続財産の総額と基礎控除額で、まず相続財産の総額はプラスの財産からマイナスの財産を引き、そこから出た金額から基礎控除額を引いて出た部分が相続税の対象になる部分です。
したがって相続税の基礎控除額が相続税の納税額を決めることになるので、基礎控除額の計算式をしっかり理解しておきましょう。
基礎控除額の計算式は3,000万円 + (600万円 × 法定相続人の数)となっており、法定相続人の数が5人であれば3,000万円 + (600万円 × 5)で計算できるので8,000万円が基礎控除額になります。
相続財産の合計額が基礎控除額を上回ったときにはじめて相続税が発生するので、相続財産の総額が9,000万円であれば9,000万円-8,000万円で1,000万円が相続税の対象になります。
逆に相続財産の合計額は7,000万円であれば基礎控除額を下回っているので納税義務はありません。
このあたりの計算もエクセルを使ったフリーのソフトで計算できますので、これから遺産相続するなら一度計算してみるといいでしょう。

相続税申告のあすかの評価・評判

相続

相続税申告のサービスとして知られているのが、あすかですよね。
聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
コンセプトとしては、誰もが気軽に相続税の申告をできるようにしているというものです。
近年はこの手のサービスが増加していて、とても簡単に使えるようになっています。
特に相続税などに関しては、正直なところ、手続きや申請も面倒です。
手間をかかるのが嫌な方は、専門家に丸投げしているという方も多いでしょう。
確かに一番簡単な方法は、専門家に丸投げしてしまうということです。
しかし、専門家に丸投げしてしまうと、費用がどうしてもかかってしまいます。
それなら、あすかなどのサービスを活用して、自分で行うというのも良いでかもしれません。
もちろん、簡単とは言っても色々と入力する情報が必要となってくるので、相続のことがまったくわからない方に関しては、少しハードルも高いです。

あすかの評判や評価に関しては、賛否両論だという声が多いです。
事実、あすかはある程度自分で勉強することが必要となってくるので、相続のソの字も知らない方にとっては、若干使い方にクセがあると言って良いでしょう。
もちろん、まったく知らない場合は相続に関してもわからないので、専門用語が出てきても対処するのが難しいということがあります。
相続は知識があればあるほど、節税なども狙っていくことができます。
しかし、忙しくて勉強している暇がないという方も多いでしょう。
そうなった時、使い方も人によって違ってくるのが、あすかというサービスです。
ただ、少し知識を習得している方にとっては、便利に使っていくこともできるでしょう。
まずは勉強のツールとして使ってみるというのも良いかもしれません。
この手のサービスは、1つのツールと考えるだけでも、やはり違ってきます。

その他、相続税について全然わからないという場合は、ぜひ専門家を活用してください。
専門家に関しては、税金のことなら税理士がやはりとても心強いです。
その他、相続全般の手続きや申請なら、司法書士や行政書士、弁護士なども使っていくことができるので、専門家を頼るのがやはり効果的だと言えるでしょう。
わからないことがある時、瞬時に相談できる専門家たちは使い勝手も良いです。
その他、あすかなども活用すれば、後々に相続が必要となってきた時も対応できるようになっていくかもしれません。
どちらも併用してみるのが理想とも言えるかもしれませんね。

相続税の家屋評価方法は?

相続税01

ここでは相続税の家屋評価方法について詳しく解説したいと思います。
相続は、現金資産だけではなく、現物資産に関しても故人から譲り受けることができるようになっているため、その場合資産価値を計算しなくてはなりません。

被相続人から家屋を相続した場合、その価値を求めるにはどうすればいいのでしょうか?
まず家屋を譲り受けるということは、土地も併せて相続するというケースが多いかと思われます。

土地の価格を求めるためには、国が発表している路線価というものがありますので、そちらを参考にして、評価価値を算出するといいでしょう。
被相続人の宅地や事業地は、被相続人と生計を一にしていた法定相続人の場合、限度面積に応じて50%から80%の評価額の減額が適用になります。
かなりの節税になりますので対象の人は、こういった制度を見逃さないように十分注意しましょう。

続いて建物に関しての計算は、固定資産税評価額を参考にすると良いでしょう。
固定資産税評価額は、固定資産税を納付した明細書等に記載されていますので、そちらを参考にするといいです。
これら土地と建物の資産価値を合計した金額が、相続する家屋の評価額ということになります。

他にも、美術品や株券などの資産も相続税の対象になります。
美術品の場合は、美術商などの専門家に鑑定を依頼して、価値をはっきりさせる必要があります。

株券の場合は、上場していると価格が変動していますので、特定の算出方法の中から価格が低いものを選んで価値を決定していきます。
これらの現物資産を全て合わせた価格が、相続対象の資産価格ということになりますので、相続税を計算する時には、申告漏れがないよう注意しないといけません。

仮に基礎控除以下の金額で収まった場合は、相続税の申告自体必要ありません。
法定相続人が複数いる場合はお互いで相談して、相続税がかからない遺産を分けることになります。

平成27年度から平成30年度までに渡って相続税を含む、いろいろな税制において、抜本的な改革が行われています。
どれもほぼ増税に近い内容であり、課税適用範囲が広げられていたり、条件が厳格化されている内容になっていますので、税の改正は、毎年チェックしておいた方がいいでしょう。

特に家屋の評価に関しては、複雑になってきますので、専門家に調査を依頼した方がいいです。
申告ミスがあってしまうと、税金のペナルティが課せられてしまう恐れがありますので、相続税は慎重に処理していかなければなりません。

相続税は一人娘の場合どうなる?

相続税

相続税は色々なパターンが考えられ、ケースもそれぞれ変わってきます。
そんな中、近年多くなっているパターンやケースが、一人っ子です。
一人娘や一人息子の場合は、やはり相続に関しても悩むことが多くなります。
特に一人息子の場合は、まだその家の名字を名乗っていることから相続に関してもわかりやすいのですが、例えば結婚して嫁いだ一人娘などは相続に関してどうなっているのかわからない方も多いです。
事実、被相続人の子供である以上、結婚していようがしていまいが、相続する権利は持っています。
つまり、一人娘でも一人息子でも、被相続人が亡くなった場合は相続の手続きをしなければならないということです。
気を付けておきたいのは、財産や資産について把握していないパターンやケースです。
これらに関しては、被相続人が亡くなる前に、しっかりと確認しておくことが必要となります。
事実、生前に話しておけば、余計なトラブルや問題に巻き込まれることは少なくなるでしょう。

被相続人から見て子供に当たる場合は、その相続の割合も大きくなります。
また、配偶者が存命の場合は、その被相続人の配偶者と合わせて計算していくことが必要となります。

ただ、すでに配偶者が亡くなっている状態で、一人娘や一人息子だった場合は遺産のすべてを受け取るということになります。
ただ、そうなると相続税の負担も合わせて大きくなると言えるでしょう。
本来、相続においては3,000万円までは税金の対象外となっています。
そこに相続人の数だけ、1人当たり600万円が非課税となります。
つまり、それらの点を考えておくことが必要ということです。
一人っ子の場合は当然、相続する遺産も多くなるため相続税の支払いも大きくなります。
それらの点も含め、近年は相続放棄をする方も増えています。
万が一一人っ子で相続が必要となった場合は、まず専門家にどうすれば良いのかを聞いてみてください。
専門家であれば、節税や税金対策についてもしっかりサポートしてくれます。

近年は被相続人との関係によっても対応が変わってきています。
あまり関係が深くない場合は、早急に相続放棄をしてしまうということも多いでしょう。
また、逆に親密な場合は、使うことがないとしても相続してしまうこともあります。
それらのケースやパターンもさまざまなので、まずは税理士など専門的な知識がある方に相談してみてください。
それが、何より重要な指標となってくるのではないでしょうか。

相続税の計算の相談

相続税の計算については、個人では絶対にできないものではありませんが、少し複雑な計算にはなります。
自力ですべての計算をできる方ばかりではないでしょうから、これの計算について相談したいこともあるでしょう。
そのときはどうしたらいいでしょうか?
続きを読む →

マンションの相続税の計算

故人が賃貸マンションを持っていたときなど、これにも相続税がかかるかもしれませんから、その価値を適切に計算しないといけません。
このときの計算の方法の基本として、マンション本体の価値と、その土地の価値は別々に計算します。
片方だけの計算だけをして集計すると、それは間違いとなりますから、必ず土地と建物、両方の価値をそれぞれ計算し、集計に入れてください。
続きを読む →

分割する相続税の計算

相続税を計算するとき、その流れの中でこれを分割するステップが何度かあります。
このときの計算はどのようなものとなるでしょうか?
まずこれを分割する必要があるのは、遺産の総額から基礎控除を引いたあとです。
そこで遺産の金額が0とならなければ、その金額は課税対象となります。
そして相続人が複数いる場合は、税率をかける前に課税対象の金額を分割するのです。
続きを読む →

相続税の計算のための勉強

最近は計算ソフトもかなり身近になり、手頃なソフトで簡単にいろいろな試算ができますから、相続税も簡単に対応できるようになりました。
ただ、これを実際に試算するためには、ある程度の勉強も必要です。
計算ソフト等を使って対応してみたいときなどに、最低限勉強しておきたいことをいくつかご紹介しましょう。
続きを読む →